けんこう

慢性的な野菜不足の方へ

現代社会の食事情は、欧米化そして肉食中心になりがちで、野菜を食べる機会が少なくなっています。
しかもあまり食べないということから、野菜嫌いで食べないという人まで増えています。
厚生労働省が目標にしている1日350gという量すらも摂れない人が多く、そんな人にお勧めなのが青汁です。

もちろん、青汁さえ飲んでいれば野菜を食べなくていいということはありません。
例えわずかでも食べられる野菜を食べたり、料理に工夫することで食べる努力はできます。

しかし、付き合いで外食が多い、仕事が忙しい、という理由から店で作られて買ってきたものを食べることが多くなっています。
野菜を食べない上に、店で売っているものは家庭で作るものよりもカロリーが高く、そのようなものを子供にも食べさせているとなると、事態はより深刻であると言えるでしょう。

子供は日々成長しています。
その中で、野菜に含まれている成分は必要不可欠なのです。
あまりにも食べない状態が続きますと、野菜嫌いで食べない子供や、子供ながらに生活習慣病を発症してしまうことになるのです。

子供には野菜がどれだけ大切で身体のためになるかなどわかりませんので、大人のように我慢して食べるということはしません。
無理に食べさせてトラウマになったら、大人になっても食べられなくなってしまいます。

野菜は美味しいものだ、という工夫をして食べさせるのがよいでしょう。
また、子供が好きなカレーやシチューなどにブロッコリーなどの緑黄色野菜を入れるというのもいいでしょう。

青汁は、親が飲んでいる青汁を喜んで飲むというのならば問題はなく、親子で野菜不足解消手段として青汁を飲めばいいのですが、それも嫌がるようでしたら「こどもの青汁」というものがあります。
青汁としてたくさんの野菜が入っていながら、味はぶどう味というジュースのような青汁です。
また飲みやすいフルーツ青汁などもあります。

基本は野菜を食べる努力をしながら、足りない部分を自分に合う青汁で補うという生活によって、野菜や青汁と上手に付き合いましょう。
青汁は定期購入が価格もお得になるので、継続して摂取しましょう。

Menu