けんこう

クセのないケ-ルの錠剤タイプ

ケールの青汁は飲みにくい苦味があり、我慢できないという人が意外と多い青汁です。

勿論、無農薬、無添加、有機栽培という野菜本来の旨味を出す製法を取ることによって飲みやすさは改善されますが、あいにくとケールの苦味成分であるスルフォラファンは癌の予防に効果があり、辛味成分であるイソチオシアネーにトは抗癌および抗菌作用があると言われているのです。
また、これらの素になる成分には生活習慣病を予防するという効果もあるために、完全に排除するのは成分を損なうことにつながってしまいます。

そこで、飲みやすいようにレモンを入れたり、はちみつを入れたりするメーカーも多いのです。
ですが、せっかくのケールの成分をそのまま摂りたいという人にお勧めなのは、ケールの青汁の錠剤タイプです。

錠剤タイプのいいところは、水で流し込むにしても固形ならば味がほとんどしないということです。
そのためにケールの青汁そのものに余計なことをすることはなく、そのままの状態で飲むことができます。

当然ながら、ケールの栄養成分が丸ごと摂取できるので、野菜不足や便秘の解消、新陳代謝の向上などといった効果ももたらされます。
他にも、豊富なビタミン類による免疫力向上や、特に大きいのはビタミンEによる細胞の老化を防ぎ、血管硬質化を防ぐことによって正常な心臓の維持に働き、動脈硬化の予防になることです。
また青汁には育毛効果もありそうです。
薄毛や抜け毛の気になる方はじゃ育毛剤ランキングをご覧ください。

また、ケールにはルテインという目によい成分が入っています。
このルテインというのは、目が受けるはずの活性酸素から、強力な抗酸化剤となって守っているという役割があるのです。
視力低下の原因には疲れや酷使しすぎということもありますが、太陽光線の影響も徐々に受けているのです。
そんな目を守ってくれるのがルテインという成分であり、含んでいるのがケールなのです。

ケールの青汁は自分にはきついと悩んでいる人でも、錠剤タイプになれば飲みやすくなります。
また持ち運びがしやすく、何処ででも簡単に飲めるのが錠剤タイプの長所なのです。

野菜の王様ケールの青汁の特徴はこちらに書かれています。

Menu