けんこう

価格で選ぶ青汁

毎日飲む青汁は、安い方が経済的に考えてもいいものです。
実際にドラッグストアやスーパーなどでは、30袋入りで1000円未満や2000円未満の青汁なども珍しくはありません。
また安いからといって青汁には副作用の心配もないでしょう。

しかし、安さには安い秘密があります。
例えばそのパッケージを確認してみてください。
無農薬ですか?無添加ですか?何処で作られたものか書いていますか?
そしてなによりも、含まれている栄養成分は求めている数値まで達しているものでしょうか?
実際に農薬・添付の青汁は無農薬の青汁よりも安くなりますし、足りない栄養素を添付したらそれは添加物です。
なによりも青汁は、その製造過程において熱による栄養分の破壊をいかに防げるかによって価値が決まると言ってもよく、逆に熱を通して青汁としての栄養素が破壊されたものですら原料が「青汁のもの」として通るのならば、青汁扱いになるのです。

青汁には、明確な規定はありません。
ですから市販で買う場合は、農薬や添加物の有無、製造方法は無理でもどれだけの栄養素が入っているのかを確認した方がいいでしょう。

自分が何の目的で青汁を飲むのかにもよりますが、規定量の目安は調べておいて購入した方がいいでしょう。
きちんとした無農薬、無添加の青汁で、成分が規定量を達しており、なおかつ原料や製法にこだわっているものになりますと、通販の青汁の方が量も多く選びやすくなるのです。

しかも通販の青汁にはお試しセットがあり、人目を気にしないで味の確認などができますし、丁寧な説明書も入っています。
お試しセットの目的は味の確認であり、飲み続けられるのかが第一なのですが、効果や効能を知ったうえで味の価値を知ることも大切なことです。

ただし、いくら納得のいく効果があっても飲みにくい青汁ならば、似たような効果のお試しセットの青汁を試してみましょう。
幸いなことに、青汁もお試しセットをするメーカーが増えています。

そして気にいった青汁が見つかったら定期購入で青汁を購入することで、価値は同じなのに1杯当たりの値段を安くすることができます。

Menu