けんこう

原材料で選ぶ青汁

青汁選びにおいて重要なのは、その効果と飲みやすさです。
飲みやすさについては、他人の意見はあまり参考にならないかもしれません。
実際に飲まないとわからないほどに、人間の味覚には差があるからです。

ここでは、それぞれの青汁のわかりやすい特長をあげておきましょう。

青汁の代表である「ケール」は、その栄養価の高さから「野菜の王様」とされているアブラナ科の野菜です。
ビタミン類やカリウムがとても豊富で、健康だけでなく美容やダイエット効果もあります。
ちなみにケールには苦味成分がありますが、その苦味成分が生活習慣病の予防にとても良いと言われています。
野菜の王様ケールの青汁の効果効能はこちらにも書かれています。

「大麦若葉」は、イネ科の大麦になる前の段階で収穫されます。
ビタミンやミネラルなどがバランスよく配合されており、飲みやすい青汁として他の青汁の味を調えることにも使われているほどです。
豊富に含まれているビタミンB1はチアミンとも呼ばれており、疲労回復効果のある栄養素になっています。

「明日葉」は、摘んでも明日には新しい葉が出ると言われるほどに、生命力の高いセリ科の野菜です。
明日葉の茎には黄色の粘り気のあるカルコンと呼ばれる成分が含まれており、新陳代謝を活性化させて体内の老廃物を排出する効果があります。
女性にできやすいセルライトも排除する青汁として、ダエット効果と共に注目されている青汁です。

「桑の葉」の青汁は元々、養蚕場などでお茶として飲まれ健康によいとされてきました。
その理由は、デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が余分な糖分を体外に排出し、高血圧や糖尿病の予防に効果があるとされていることです。
今では炭水化物や糖質を燃やす成分と合わせて、ダイエットにも良いとされています。
味にこだわる方に桑の葉青汁はおすすめです。

「よもぎ」は日本全土に自生するキク科の植物で、古来より日本人に親しまれてきました。
他の青汁は飲むと身体が冷えてしまうという性質がありますが、よもぎの青汁は飲むと身体が温まり、新陳代謝が高まります。

簡単にご紹介した他にも青汁の効果はありますし、他にも様々な青汁がありますので原材料の特長をよく知ってお選びください。

こちらには豆乳青汁の効果について書かれています。

Menu