けんこう

不足しがちな栄養を補給可能です

青汁に含まれている成分の多くは、人間の身体では生成することができないビタミン類やミネラルです。

青汁の野菜の成分には食物繊維とビタミン類やミネラルが多く、例をあげますとビタミンB1は精神を穏やかにしイラ立ちを鎮める効果が、ビタミンCは免疫力を上げたり美肌効果のコラーゲンの形成に役立ち、ビタミンEは血管の緩和による動脈硬化を防いでくれます。
もちろん、他のビタミンも身体に多くの影響を与えてくれます。
そのため青汁ダイエットはリバウンドしにくいのでおすすめです。

またミネラルは人間の身体の元素の中の4%を占める成分であり、身体をつくる手助けをしたり、生命機能の維持に働きかけるなどの効果があります。
カリウムという成分も、ナトリウムとのバランスを取って血圧を安定させるだけではなく、身体の余分な水分や老廃物の排出というように幅広い効果があります。

食物繊維は直接な栄養素にはなりませんが、腸を活性化させて老廃物を排出してくれます。
つまりは便秘の解消です。
便秘の原因はいろいろありますが、やはり野菜不足による原因が多く、青汁を摂ることで解消されたという人もいます。
便秘は感覚がマヒしがちですが、食べて排出するという当たり前のことができていない証でもあるのです。

腸に老廃物が溜まっていますと、ビタミン類やミネラルが身体に摂取されにくいため、老廃物を排出することは二重の意味で重要です。

これらの栄養成分を、効率よく摂れるのが青汁なのです。
青汁はリウマチにも効くといわれています。

また、青汁と一口にいっても原料によって少しずつ効能の違いや味や飲みやすさが異なります。
毎日摂取することが大切ですので飲みやすいタイプのものを選ぶとなると、迷ってしまうほどに青汁の種類はあります。

その中で自分に足りなくて必要とする栄養が多めに入っていて、飲みやすい青汁を見つけることが大切です。
性能だけで選ぶと飲むことを忘れてしまったり、少しくらい飲まなくてもいいという気持ちを抱いてしまいかねません。
青汁は飲み溜めすることができるものではなく、身体は休みなく活動しています。
続けることで不足しがちな栄養を補いましょう。

青汁は栄養補助食品として最適です。

Menu