けんこう

青汁パワーを体感しよう

青汁というのは、野菜の絞り汁のことです。
現代人は野菜不足が多く、青汁を飲むことで厚生労働省が定めた1日350gの摂取量に達することの手助けができます。

しかし一般的な青汁の原料として使われているものは、あまり野菜として認知されていない植物が多く、ケールは地元ではロールキャベツなどに使われて人気の野菜のようですが、日本ではスーパーで見かけることもありません。

ですが、使われている原料はいずれも栄養価が高く、それぞれに秀でたところがある野菜のトップクラスのものばかりといってもいいものです。
例えば、「青汁と言えばケール」と言ってもいいほどに有名なケールは、元々戦中の食料難な時代に少しでも栄養を与えようと、青汁の生みの親である遠藤博士が野菜の葉から栄養を絞り出して周囲の人たちに与えたことが始まりです。

遠藤博士は、戦後に栄養の最も高い野菜を求めて「ケール」にたどり着いたのだと言われています。
ケールの野菜としての栄養価は非常に高く、ケールは野菜の王様と言われるようになりました。
ステラの贅沢青汁はケールを使っています。

ケールは各種ビタミンが豊富で、免疫力を高めてくれるので風邪などを引きにくくなり、アレルギーなどに対する抵抗力も高くなります。
また、サラサラ血液を保つことで身体中に血液を巡らし、心臓や脳の大病や生活習慣病の予防にも役立ちます。
青汁効果は他にもあります。

「大麦若葉」の青汁の原料は、大麦が20~30cm程度に成長した若葉の時に収穫され、多くの栄養素をバランスよく含んでいます。
中でもカルシウムが豊富で、カルシウム不足な現代人には必要な物です。

カルシウムといえば骨や歯の形成をするものですが、他にも細胞に必要な成分で心臓の機能調整、筋肉を収縮して心臓を活動させる、などというようにある意味、生命の源に必要な成分といえます。
カルシウムが不足すると骨粗鬆症になるのは、生命を優先するために骨などからカルシウムを取るためとも言われています。

他にも青汁の種類はありますし、それぞれ効果や効能、味も価格も異なります。
青汁の体験談や人気ランキングを参考にしてください。
こちらにも青汁の原材料別の効果が載っています。
他にもたくさんある青汁の種類の効能を試してみてはいかがでしょう。

Menu